コンサルティングファーム・ニューエアServices業務案内

ホーム採用案内<コーポレートカルチャー<FAQ回答

FAQ回答


 

【Q1】資料請求はできますか?


www.newair.co.jp

誠に申し訳ございません。ニューエアでは、印刷物等の会社資料を作成しておりません。弊社につきましては、ホームページ上で可能な限りご説明しておりますので、「ニューエアについて」のページをご確認ください。


【戻る】


【Q2】浪人、留年などの経歴は不利でしょうか?


経歴

不利になりません。人生の長さから比べれば、最初の回り道などどうってことないのです。周囲の陰口なんて軽く受け流さなくてはダメです。苦労を積み重ねてきた人は、精神的にずいぶんと鍛えられ、人間の厚みもでてきます。他人と違うこと、突出することをよしとしているのがニューエアの企業風土。奮ってご応募ください。皆さまからの積極的なご応募を心からお待ちしております。


【戻る】


【Q3】ニューエアはどんな人材を求めているのですか?


熱い心

ひと言でいえば、人を動かせる人材です。いくら知識があっても、いくら豊富な経験があってもいくら優秀な学校を卒業していても、人を動かすことができなければ画塀に帰してしまうのがコンサルタントの世界。知識でなく、熱意こそが人を動かせるのです。熱き心を持った人。新しい価値を自ら考案し、それを実現し、社内外の人を動かし、世の中にその価値を浸透させることができる人を求めています。

【戻る】


通年採用

【Q4】通年採用とききましたが?


はい、そうです。ニューエアの特徴は、絶対基準による通年採用です。企業側の論理でなく、「ニューエアで自分の能力をいっそう高めたい」と思っていただいた瞬間から、いつでも応募していただけるよう創業以来通年採用にこだわっています。


【戻る】


【Q5】ジョブプログラムに参加できなかった場合は?


ニューエアでは、新卒採用の選考は、すべてジョブプログラムへのご応募を通して実施させていただいております。そのため、ジョブプログラムにご参加できないということになれば、採用面接の道も閉ざされてしまうことになります。新卒採用をご希望される方は、弊社主催のスプリングジョブ、サマージョブ、ウインタージョブのいずれかに必ずご参加ください。ニューエアでは、ジョブプログラムを新卒採用の登竜門と位置づけています。


【戻る】


【Q6】経験者ですが、応募してから内定までの流れを教えてください。


採用プロセス

採用までのプロセスは、応募、書類選考、一次面接から三次面接(役員面接)の順になります。ご応募された方から書類選考を行いますが、書類選考を通過された方のみ、面接へとお進みいただくことになります。面接はすべてニューエアの社員による個別面接で、一時間ほどお時間をいただきます。採否のご連絡は各プロセスごとに行いますが、通常面接後一週間ほどかかります。上記はあくまで一般的な採用プロセスであり、変更される場合もありますのでご了承ください。


【戻る】


【Q7】コンサルティングの経験がなくても応募できますか?


コンサルタント経験

まったくコンサルティング業務の経験がない方でも応募は可能です。事実ニューエアで働く社員の過半数は未経験者です。未経験者をプロに育てる仕組みがニューエアにはあります。しかしながら、料理人の世界と同様、本当の仕事のおもしろさを知るまでは、ハードルはきわめて高いといえます。未経験者は、一流の腕を身につけるのに時間はどうしてもかかります。早い人で3年、順調にいっても5年の年月を要するでしょう。


特別の訓練なしに、だれでも簡単にできる仕事ではないからです。マーケティングや財務の基礎知識を覚えるだけでも大変です。決して甘い世界ではありませんが、経営課題を解決したときに、企業のトップに喜ばれ、「ありがとう」と感謝されるのは、体験者にしかわからないほど、感無量で本当にうれしいものです。これほどやりがいのある仕事もないと断言できます。コンサルティングの醍醐味を知るという高くて厚い壁を乗り越えられたなら、未経験者でもその後の成長は加速度的に早くなるといえるでしょう。


【戻る】


【Q8】コンサルティングの仕事に携わったことがありません。やる気はありますが、反面不安でもあります。


成長ジャンプ

未経験者への指導は、チームリーダーが責任をもって指導いたします。しかし、コンサルティングとは、自分でモノを考える力を養うこと。コンサルティングの腕を磨くには、本質的には自分自身で能動的に学んで、考える力を身につけるしかありません。


コンサルティングは、料理やスポーツのような目に見える体の動きで教えられないだけに非常に難しいのですが、リーダーは渾身の力をこめて、新しい仲間の潜在能力を引き出すことに闘志を燃やします。ニューエアに限らず、仕事を選ぶとき、"やりたい"と本気で思うのなら、たとえ未経験であっても、難関であっても、勇気を持って挑戦することが大事なのではないでしょうか。最大限努力して、もしもだめだったとしても、あきらめもつきます。やらない後悔よりもやった後悔。自分の好きなことをしぶとくやって活路を見いだしていきたいと考える人がニューエアでは大半を占めます。将来悔いを残さないためにも、自分自身が納得できる「選択」をすべきだと私たちは考えています。


【戻る】


自己投資

【Q9】年齢制限はありますか?


ございません。過去のキャリアより、これから何を実現したいのか、新しいことに挑戦し何を得たいのかをニューエアでは重視します。変化に対応し、何歳になっても自己投資を惜しまないという姿勢が大切だと思います。


【戻る】


【Q10】なぜ履歴書の提出が不要なのですか?


人柄やその人の持つ資質を本当に見抜く力をもった人が面接官なら対話だけで十分です。それだけ私たちはプロとして自信をもっています。実際、その精度の高さ、眼力にクライアントや周囲が舌を巻くほどです。履歴書などを見てしまうと、かえって色眼鏡で人をみたり、先入観が入ってしまって厄介です。私たちは面談を通じてその人の才能や潜在能力を見抜き、人そのものの内面をつかむ努力をしています。適性試験もいっさい行われないのは、こうした理由です。反対に、ニューエアに限っていえば、良くも悪くも知識や経験はさほど武器にはならないということです。思い出話よりも未来に向けて、どんなことを実現したいのか、どんな夢をもって生きようとしているのかに私たちは強い関心を持っているのです。


【戻る】


【Q11】入社前に確認すべき点は?


ビジョン・夢・大志

ニューエアに限らずどんな会社を受けるにせよ、事前にその会社の企業理念やビジョンを可能な限り調べることです。社風が良いとか、人事の担当者がやさしそうな人だったとか、オフィスが立派だとか、そんな安易な理由で会社を志望すると、人生いつまでたっても迷路をさまよい歩くことになります。


ニューエアで働くということは、仕事に対する誇りや強い使命感を抱きながら、自分を磨き続けるということです。自分を磨くということは、周囲に"元気と勇気"を注ぎ、世の中にいい影響を与えるプロになることを意味します。働く会社の理念やビジョンを共感できずして、どうしてプロとしての誇りや使命感をもつことができるのでしょうか。どんなビジョンや理念をもった会社なのか。どんな夢や志をもった経営者なのか。働くものにとって、これらはその後の人生を左右するほどの大きなポイントになるはずです。必ず確認しておくべきことでしょう。


【戻る】


【Q12】採用のハードルはかなり高いと聞きましたが。


確かに採用の競争率は高いと思います。しかし、それは真剣に働く側の視点にたって見ているからです。特に採用面接ではその人の資質を見ます。採用されても、結局本人が仕事に価値ややりがいを見いだせなかったり、仕事の楽しさ、おもしろさを実感することができなければ、貴重な時間を無駄にするだけでなく、お客さまに対してもたいへん失礼に当たるからです。


採用基準はとてもシンプルです。どういう人が基準をクリアするのかというと、絶対条件として「人を喜ばすことがほんとうに好きな人」があげられます。お客さまの喜ぶ顔を見て、胸がじーんと熱くなれる人、「助けてください!」なんて声がかかると、もういてもたってもいられなくなり俄然はりきっちゃう人です。この「人を喜ばすのが好き」という絶対基準をクリアしていないと、どんなに卓越した能力をもっていたとしても採用はありえません。


ところで、お笑いを生業とする芸人は、ハートに「常に人を笑わせたくてしょうがない」という血が流れていないと勤まらない職業でもあります。コンサルタントも同じで、いくら頭の良い人でも、論理的思考に優れた人でも、それだけではダメなのです。もっと大切なことは、人を喜ばすことが三度の飯よりも好きかどうか。これにつきます。コンサルティングには、頭以上にハートが大切。ハートがなければ、息の長い活動はできないし、結局本人が将来「ミスマッチ」を感じることになるからです。


【戻る】


【Q13】どんな人がニューエアで採用されるのですか?


信念と素直さのバランス

信念と素直さのバランスがとれている人です。将来ぐんぐん伸びていく人は、必ずこの信念と素直さのバランスが取れている人だからです。ややもすれば、信念は経験と年齢とともに「頑固」に変わります。また、素直さが強すぎると「優柔不断」になりかねません。信念と素直さ。どちらも大切な要件ですが、うまくバランスがとれているかどうかを見極めながら採用を行っています。


【戻る】


【Q14】どんなタイプがコンサルタントに向いてますか?


人を喜ばすことが好きな人で、数値に強い人、情誼(じょうぎ)に厚く潔い人です。自分だけとか、自分の家族の幸せのことだけずーっと考えて生きていきたい人は、コンサルタントに絶対なるべきではありません。自分のことは一生懸命やるけど、他人のことにはあまり関心を示さないタイプはダメです。コンサルタントは他人の面倒を見るのが仕事。ところが、他人の面倒を見ることは実はたいへんなことなのです。それゆえコンサルタントほど厳しくハードな職業はありません。しかし一方で、これほど魅力に富んだ職業もないことも私たちは知っています。「人の喜ぶ顔を眺めるのが好き。そのためなら、絶対がんばれる」こうした資質をもった人こそ、コンサルタントに向いているのです。


【戻る】


【Q15】志望動機は何が一番多いのでしょうか?また年代層は?


ニューエアの本社は大阪にもかかわらず、東京から単身乗り込んでくる人もいます。もう一度学びたい。やりがいのある仕事がしたい。財務やマーケティングなどの専門知識をしっかり身につけたい。経営を体系的に勉強して仕事の幅を広げたい。志望動機はさまざまですが、本質的には「自分を変えたい」という動機が一番多いといえます。学校を卒業してから、国家資格を目指していたり、いくつかの企業を渡り歩いたりした、働き盛りの20代、30代が多数を占めます。女性に人気が高いのも特徴です。この業界で飯を食って行くぞ、というプロ意識の高い人や「無給でもいいから、ココでしばらく働かせてほしい」といった意欲的な人も目立ちます。いずれも共通しているのは、上司や同僚とのアフターファイブのつきあいを控えて、家族サービスも少し休んで、仕事帰りや週末にせっせと自分の能力を磨いている人たちではないでしょうか。


【戻る】


【Q16】人を採用する際に一番重視するポイントは?学歴は本当に不要なのか、本音で教えてください。


学歴は本当に不要です。ニューエアの代表である中村一八が面接官にいつも言っていることがあります。それは"ニューエア基準"で人を採用してほしい、ということです。その基準は3つで、とてもシンプルです。


1つは、年齢や性別、出身や国籍、実績、経験などの先入観や固定概念をいかなる場合であっても一切持ってはならないという徹底した考えです。これから「ニューエアでどう自己実現したいのか」が重要であって、過去なんかどうでもいいという考え方に基づいています。


2つ目は、「パリッとした顔」であるかどうかを見極めよということです。ボーッと何も考えずに毎日をのんべんだらりと過ごしている人は、ボーッとした顔つきになりますし、赤ちょうちんで毎晩上司の悪口や会社の不平不満ばかりいっている人は、眉間にシワを寄せた妬み深い顔つきになります。また、出世ばかり考えて、他人を蹴落とそうとか、上司のご機嫌取りだけに全力傾注している人、自己中心的な考えを持つ人は、人間として卑しい顔つきになってしまいます。男前であるとか、美人といった容姿が端麗かどうかが問題ではなく、いい表情をしているかどうかで判断せよということです。芸術やスポーツ業界と同じように、ビジネスの世界でも、日々研鑽し、自分を磨き続け、人生が充実している人の顔はイキイキとしています。


このように、"顔つき"というのはその人の生き様や普段の仕事に取り組む姿勢がにじみでてくると中村はよく語ります。ですから、この「パリッとした顔」という命題は、私たちニューエアで働くものすべての目標であり、毎日の心掛けでもあるのです。コンサルタントである私たちが、"冴えない顔"であってはならないのです。


3番目のポイントは、「こんな人なら一緒に働きたい」と思えるかどうかです。くどいようですが、ニューエアに学歴・年齢・職務経歴は必要ありません。10代であっても60代であっても、キラッと輝く何かをもっている人や一芸に秀でている人など、人間的に魅力を備えた方を私たちは心から待ち望んでいるのです。


【戻る】


【Q17】不採用通知を受け取りました。どこが悪かったのか教えていただきたいのですが。


誠に申し訳ございませんが、個別の不採用理由につきましてはお答えいたしかねますので、何卒ご了承ください。


【戻る】


【Q18】コンサルタントの心構えとして何が大切ですか?


コンサルタントという仕事は、経営者であるお客さまの課題を解決するサービス業です。要は、他社の経営のお手伝いです。お客さまは経営者。"ヨソサマ"の経営をみるわけです。ところが、経営者の視界は、広さも深さもサラリーマンとはまったく違います。最初はだれでも、自分の無力さを悔いいるばかりの状態が続きます。組織全体を見る目を養うには「私がこの会社の社長だったら…」と経営者の目線で、経営者の立場で頭をフル回転させることです。どうすれば会社は良くなるのかを朝から晩まで徹底して考え抜くことこそ重要です。これこそ、コンサルタントとしてもっとも大切な心構えであると私たちは考えています。


【戻る】


【Q19】仕事の評価はどのようにされるのですか?


四半期(3ヵ月の期間)ごとに実施される「My Vision Presentation」という人事考課制度があります。これは、所属するチームリーダーと面談をして、どこで、誰に、何を、いつまでに、どんな方法で、どこまでの成果を上げるか、といった個人の目標を明確にするものです。面接では前回設定した目標をどれだけ達成できたかを確認するとともに、今後の目標を軌道修正したりします。達成度合いによって、表彰金を獲得できる仕組みになっています。


【戻る】


【Q20】ニューエアがチーム制にこだわるのはなぜですか?


チーム制の利点は、問題解決に向けみんなで力を合わせ、スピード重視で実行できることです。狙いは、個々の裁量権を広げること。そして、サービスの迅速さに磨きをかけ、お客さまのニーズに機敏にこたえることです。


日本企業では、タテ型組織(ピラミッド型組織)が一般的ですが、これでは序列や規則が重視され、どうしても個々の裁量権が狭くなります。しかも「課長はどう思うか?」「部長の機嫌を損ねないだろうか?」など、上司の顔色に目が向けられてしまいがちです。稟議書を回したり、決裁をもらわないと身動きがとれないとなると、せっかくの機会を逸してしまう恐れがあります。判断の権限が現場になければ、プロフェッショナルを抱える組織としては致命的です。


しかし本当に目を向けるべきは、上司ではなくお客さまの方です。現場で速やかな対策を講じるためには、現場ですばやい意思決定ができることが前提となります。ニューエアでは経営課題を解決するスピードこそ、価値の源泉になると考えています。その「超スピード」を可能にするには、チーム制こそ最適な組織であるという結論にいたっています。上位者ひとりがすべて自分の判断で切り盛りするのではなく、チームで運営し最高の成果を出し続けるのです。ニューエアがチーム制にこだわるのは、こうした強烈な思想があるからです。


【戻る】


【Q21】社内会議は営業時間外にしか開かないと聞きましたが。


そうです。顧客本位を実現するための一貫として、ニューエアではどんな場合であっても9時から18時までの間は社内会議を開くことはありません。社内ミーティングが早朝もしくは18時以降に開かれるのは、「営業時間」があくまでお客さまのために費やす時間であると認識しているからなのです。


【戻る】


【Q22】力を早くつけたいのですが。


力をつける最良の方法は、1年目からレギュラーで仕事ができる環境に身を置くことです。驚くべきことに、ニューエアではそれが可能です。ポジションが空かないと、どれほど才能やセンスがあっても、新米は仕事にとりかかれなかったり、10年下積みをやらねば認めてもらえないということは絶対ありません。手を挙げさえすれば、だれでもすぐに第一線で仕事ができるのがニューエアという会社なのです。


入社一年目でも世の中の「社長」と呼ばれる人たちに会える職業なんて、そんなに多くはないはずです。しかもクライアントは優良企業が多く、人間的にも尊敬できる社長ばかりです。人は環境で変わります。伸びていくのも環境。堕落していくのも環境。力をつけるには、良質な環境に身を置くべきです。良質な環境は自然と人を育てるからです。ニューエアでグングン伸びている人は、実はお客さまに育ててもらった人たちばかりですから。


【戻る】


【Q23】人を育てるための仕組みは?


コンサルティング・ファームは「人」がすべて。良質なサービスを維持する決め手が「人」といえます。それにはまず企業文化。突き詰めれば、この企業文化の差こそが、成長し続ける企業とやがては衰退していく企業の唯一の差であると私たちは確信しています。企業は人によってつくられ、人は環境によってつくられます。そのためニューエアでは、人を育てるための教育投資に力を惜しみません。教育には時間もお金もかかりますが、ニューエアでは体系的かつ継続的にトレーニングを実施することに重きをおきます。


部課制ではなく、チーム制を採用しているのはそのためです。プロジェクトのチームリーダーには、部下であるメンバーのひとり一人を「なんとしてもオレがこいつを育ててやる」という情熱が強く求められます。部下を一人でも持つチームリーダーは、自分の仕事と部下指導の時間の比率を50対50に意識しながら仕事を進めなければなりません。ニューエアでは人を創ることが、チームリーダーに課せられた究極のミッションだからです。


【戻る】


【Q24】MBAや中小企業診断士などの資格は必要ですか?


必要ありません。最終学歴や職務経歴、資格などの"過去"に重きを置かないのがニューエアです。「私は○○できる」ではなく、「未経験だが、こんなことをやってみたい」という姿勢を持つ明るく前向きで勉強好きな方を歓迎いたします。


【戻る】


【Q25】ニューエアのコンサルタントは他社のコンサルタントと何が違うの?


ニューエアの難しさは売るべき「モノ」がないということです。定型のシステムもパッケージもありません。それゆえ、常に自分の頭で知恵を生み出さなければならない状況に追い込まれます。コンサルタントの究極の使命は、お客さまの悩みを解決することです。お悩みやお困りのことを解決し、満足のいく成果が得られれば、お客さまは必ずそのコンサルタントのファンになってくださいます。そこではじめて「社外の頼れる相談者」となるわけです。


「コンサルティング」とはいかに、自分のファンをつくること。ニューエアという「球団」よりも、「選手」そのものに熱烈なファンがついてくるのです。現役時代、素晴らしい活躍をすれば、たとえ引退後であっても、将来の方向性がぐーんと広がる魅力的な職業といえます。しかも、ただ単に問題解決を売っているだけではないところにニューエアのコンサルタントの付加価値があるのです。それは、コンサルティングを通じて、お客さまに「勇気」や「自信」を提供している点なのです。


【戻る】


【Q26】ニューエアの仕事に対する3つの心構とはなんですか?


1.仕事を楽しもう。

2:本質を見極めよう。

3:仲間に感謝しよう。仲間と協力しよう。仲間の能力をより高く引き出そう、です。


【戻る】


【Q27】ニューエアは厳しいのですか?


厳しいと思うか、思わないかはその人次第ではないのでしょうか。ニューエアでは知識や技術以上に、"プロフェッショナル・マインド"を徹底してたたき込まれます。料理の世界でも、スポーツの世界でも、トッププロになるためには、血のにじむような努力が欠かせません。同じように一流のビジネスパーソンになろうと思えば、人の何倍もの鍛錬(たんれん)が必要になります。これを厳しいととるか、目標を実現するためには至極当然と判断するかは人それぞれだと思います。


【戻る】




【Q28】ニューエアの「強み」は?


何といっても、思想や哲学をもった優秀な人材に恵まれていることでしょう。尊敬に値する人ばかりで、ひとり一人が宝石のように輝いています。何でもそつなくこなす万能タイプは少なく、一芸に秀でる人の集まりといった方が正しいのではないでしょうか。数学はからっきしダメだけれど歌唱力は抜群だったり、歌はオンチだけれどイラストを書く才能があったり…。また、ニューエアで働く女性はとびきり優秀な人が多いのも事実。優秀な人材に恵まれている。これこそニューエアの最大の強みだと思っています。


【戻る】


【Q29】ニューエアの「弱み」は?


ずっと、お客さまとお仕事をご一緒させていただけない、ということでしょうか。私たちの使命は、お客さまに魚を釣ってあげるのではなく、魚の釣り方をアドバイスすることだと心得ています。一人でうまく釣れるようになれば、もう私たちの出番はありません。一定期間で現場を離れる思想です。私たちは、選手になって表舞台の試合には出場してはならないと、考えています。会社の強みや社員の長所を引き出すコーチ役に徹することで、お客さまの力なりたいと考えているのです。


【戻る】


【Q30】どこが競合になるの?


ニューエアは競争他社を意識するのではなく、お客さまだけを見つめています。お客さまに"感動"をご提供すれば、お客さまはもう一度、その感動を求めて、私たちにご依頼いただけると思っております。


【戻る】


【Q31】将来はどんどん大きくなるの?


「スモール・イズ・ビューティフル」、「スペシャル・イズ・スマート」が私たちの持論です。ニューエアは、むやみに売り上げや規模を追い続けることはしません。少数精鋭、俊敏で機動力の発揮できる"筋肉質の"コンサルティング・ファームとして、着実な成長を目指しています。


【戻る】


【Q32】ウェブで登場する可愛いブルーのマスコットの名前は?


名前は「ステッキー」です。ニューエアのマスコットキャラクターです。ステッキーを眺めていると、なぜかすーっと心が落ちついてきませんか?ステッキーは不思議な力をもっています。それは、強い運を分け与えてくれるのです。でも、誰でもというわけにはいきません。素敵な生き方、素敵な考え方をもっている人にだけ、そーっと運を分け与えてくれるのです。だから「ステッキー」。ニューエア同様、今後ともよろしくお願いいたします。


【戻る】


【Q33】中村一八社長はどんな人?


中村一八

人間的に魅力がある人です。常に情熱的でイキイキしています。自分の会社もお客さまの会社も、いつもあるべき姿を追いかけている"熱い心"の持ち主です。社員に対しても公平で、「すべての社員のポテンシャル(潜在能力)をワンポイントでもツーポイントでも引き上げたい」が信条ですので、本気で叱り、本気でほめちぎります。


気さくで、誰に対しても興味をもって一生懸命話しかけてくれます。夢や感動した最近のエピソードはもちろんのこと、悩み事まで語ってくれます。中村一八社長は、決して建前と本音を使い分けず、ストレート直球勝負といった裏表のないタイプですので、社員にとってはとてもわかりやすい性格です。(プロフィールはこちらをご覧ください)


【戻る】



ページTOPへ戻るホームニューエアについて業務案内採用案内コラムお問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 2002-2016 Newair Corporation.All Rights Reserved.