プロ営業マン養成スクール「ZERO-1」


ZERO-1習慣化

メモをとる習慣

最近、メモをとらないビジネスマンが、急増しています。営業マンと現場同行して観察してみると、商談の現場でも、営業マンの多くがメモをとらないといった、信じがたい光景を目の当たりにします。「メモをとりなさい」と指示をしなければ、メモをとらない受講生は、年々増えています。

とくに、20代はその傾向が顕著です。意図的に「メモをとらせない」実験をしてみると、朝10時からはじまり、夕方5時に終了するセミナーでは、講義終了後、「講師はどんな話をしましたか?」と尋ねると、9割以上の方が、内容の3割ほどしか記憶できていない状況になるのです。みな懸命に思いだそうとしますが、翌日になれば内容の1割、1週間も経つと、内容のほとんどを口に出すことができなくなるのです。

とくにそのため、ZERO-1では、講義中、メモをとることの重要性を再認識させ、メモをとる癖を身につけてもらいます。もともと脳は、忘れやすい構造になっています。話を聴いていたり、対話をしているとき、ふと「あっ、これは実践でも使えるかも」とか「こうやって、応用してみよう」という発想が浮かんだり、ひらめくことがあります。ところが、よほどの記憶力のよい人間でない限り、その瞬間に書き留めることをしなければ、時間が経つと、すぐに「忘れる」ことになってしまうのです。ZERO-1では、「忘れる」ことを防ぐためにも、気づきやヒントを瞬時にメモすることを徹底させるのです。

メモを読み返す習慣

ただし、メモをとったということ自体に満足してはダメです。大事なことは、メモをとることよりも、メモを読み返すことの方です。気づきやひらめきを、メモを読み返すという「振り返り」を行うことで、脳裏に焼き付ける必要があります。そのためにも、ZERO-1では、 毎日5分でもいいので、寝る前など、その日中にメモを読み返すことを義務づけます。

メモをとることが目的ではなく、気づきや反省を確実に行動レベルまで落とし込むことが最大のねらいです。せっかくメモをとる習慣を身につけても、そのメモ自体を紛失したり、その後読み返すことをしなければ、記憶にとどめられないだけでなく、思考を研ぎ澄ますチャンスを失います。また、見直すことができなければ、やるべきタイミングを逸することもあります。考える力を醸成し、思考を整理する上では、メモを読み返すことが何より重要となるのです。

誰かに教える習慣

受講後、1週間以内に社内の仲間に、社内で、学んだこと、気づいたことを伝える場をもってもらいます。直属の上司や部門長などをオブザーバーとして招き、その場で、研修で「感じたこと・気づいたこと・思ったこと」などについて話します。教えることは、学ぶことです。インプットしたことを人に伝えようとすると、一番勉強しなければならないのは本人です。準備も必要ですし、どう伝えればより深く理解していただけるか、と相手目線でモノゴトを真剣に考えるようになります。

通常、研修に参加するためには、日頃の仕事を調整して、まとまった時間を確保しなければなりません。翌日は、たまっている仕事を片付けるために、また周囲に迷惑をかけた分を取り戻すために、仕事に追われがちになります。そこが盲点となります。学んだことや新たな知識について、じっくり振り返る時間が不可欠であるにもかかわらず、その時間が確保できないため、未消化のまま過ごすことになるのです。

また、知識が行動に移せない最大の障壁となるのは、実は本人の意識や自助努力よりも、本人を支える上司や周囲のサポートの方なのです。本人だけが意識や能力が向上しても、直属の上司や本人を取り巻く環境がそれについてこれなければ、本人を理解したり、サポートしたりするといった働きかけが希薄になるため、良質な成果が導き出されにくくなります。仕事は一人でできないからです。そのため、 学んだこと、気づいたことを受講者ひとりの財産にするのではなく、社内勉強会などを開催し、本人がその議長に就任することで、学んだことを伝える仕掛けをつくるのです。

本人にいっそうの自覚と責任をもたせるだけでなく、これにより、社内の情報共有が図られ、上司や周囲のベクトルをあわせることが可能となり、やがては他社員の底上げにもつながるのです。

本人の行動を変え、成果を出すには、仕掛けと上司や周囲のサポートが不可欠となるのです。

ページTOPへ戻るホームニューエアについて業務案内採用案内コラムお問い合わせサイトマップ| Copyright (C) 2002-2016 Newair Corporation.All Rights Reserved.